こんにちは。美容カウンセラーの末廣です。

最近特に多くなったなと感じる患者さんからの相談は、「傷痕」についてです。

タバコの火を押し付けた<根性焼き>や、カッターナイフなどで

自分で前腕や上腕を傷つけてしまったという<リストカット・アームカット>

その他には、昔治療した傷跡が目立って残っているので消したい、又は

今以上に目立たなくしたい。ピアスの穴を消したい。という内容がとても多くなっています。

消したい理由は様々ですが、今この時期に相談が多くなる理由は、

薄着になる時期が迫っているという事です。確かに夏場の暑い日に半袖になれないのは

とても辛いです。又、治療内容としては切らない最新のECO2レーザーや、確実に傷痕

そのものを切って除去する切開法などがありますが、いずれの治療も

日常生活に大きな影響が出ないのでご安心して治療を受けて頂けます。

切らない治療(ECO2)は、回数はかかるものの約40日位の間隔で

ご来院が必要になります。美容院に通う程度の間隔ですね。

一方、切開は治療してから抜糸まで約7日程度で抜糸にご来院が必要です。

この際にも、状態を診察し必要に応じて処置させて頂きます。

今回は、以前他院にてワキガ手術をされ、傷と肌の色味が戻らないという

ご相談の方の治療前から治療後をご紹介したいと思います。

切開法により、傷痕の色素が濃い部分(写真下部)を除去を行いました。

AX他院傷跡修正

治療後、1ヵ月後のお写真です。目立っていた色味はなくなり1本の細いラインに

仕上がりました。実際にまだ1ヵ月しか経っておりませんので、

今後時間の経過でもっと綺麗になります。治療後のお痛みを伺ったところ、

「全く痛みはないです。テープを貼っていた所がちょっと痒かった位です」との事でした。

痒みに関してはお出しする軟膏で緩和し、今は生活に支障もなくご満足して下さっています。

今日は気温も暖かく春の訪れを感じました。治療するにもベストなシーズンがあります。

そのシーズンが最もベストなのがちょうどこの時期ではないかと思います。

まずは、悩まずお電話やメールでお問い合わせ下さい。

美容カウンセラーが丁寧に分かりやすく対応させて頂きます。

来院前のお客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

voice

ワキガで彼女が今までできない辛さの悩みがある

私がワキガということに気付いたのは小学生の水泳の授業の時です。更衣室で着替えていた時に友達とふざけて遊んでいるといきなり友達から臭いと言われて最初は何が臭いのか分からなかったのです。しかし、それから毎回着替えや友達と距離が近くなると臭いと言われて私はワキガなんだと自覚するようになりました。ワキガと自覚してからは極力人に近づきたくないという気持ちになり友達とも遊ばなくなりました。中学生になり異性を気になりだし、好きな女性が出来たのですが、ワキガが気になり思いを寄せてはいたのですが、話しかけることも近づくことも出来ずにいました。それからもし好きな女性にワキガの匂いで嫌いになられたらどうしようという気持ちになりずっと彼女がいません。ワキガのおかげで人付き合いも彼女も作れない悩みは本当に辛いです。