ワキガ発生のメカニズム

分泌されたばかりの分泌液自体には臭いはありません。臭いは、以下の工程で発生します。

エクリン汗腺からの発汗でワキが湿った状態となり細菌が繁殖します。

それらの細菌が皮脂腺やアポクリン腺から分泌される脂質を分解しニオイの元を作り出します。

この臭いの元が水分を通して蒸発し周囲に悪臭、いわゆる「ワキガ臭」を撒き散らすのです。

用語解説

●皮脂腺
脂質を含む皮脂を分泌します。毛包に付随して存在し、手の平や足裏を除くほぼ全身に分布します。

●エクリン汗腺
いわゆる「汗」で99%の水と少量の塩分等を含む多量の水分を分泌します。全身に分布し特にワキ、手の平、足の裏に多い。

●アポクリン汗腺
脂質、鉄分等を含む成分を分泌します。ワキ、陰部や乳輪、外耳道に分布します。

ワキガ・多汗症の治療