ワキガ・多汗症の治療法について

ワキガ・多汗症の治療には様々な治療法があります。
結果にも大きな差が生じるので治療内容をよく理解することが大切です。

●切開剪除法
しわに沿って切開し、皮膚を裏返して直接見ながら汗腺を取り除く方法。確実で完治できるが時間がかかり傷が大きい。

●イナバ式皮下組織削除法
故稲葉博士が開発した「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側の原因組織を削り取る方法。故稲葉博士はこの方法を確立したことで日本医師会より最高有功賞を受賞するなど確実性の高い方法です。

●ボトックス注射法
主に手や足汗、脇汗などの多汗症治療に使用されます。永久的な効果はないですが、傷跡の心配なく手軽に行えます。

●超音波法(キューサー)
超音波で汗腺を分解して汗腺を減らす方法。傷が小さいが超音波の熱で皮膚がやけどを起こすので結果として汗腺を除去できているわけではない。完治できず症状が再発しやすい。

●吸引法
脂肪吸引の要領で数ミリの吸引管で汗腺を吸い出す方法。傷が小さく治りも早いが取りこぼしも多く再発が多い。

●ソウハ法
サジのような器具で汗腺を掻き出す方法。傷が小さく治りも早いが取りこぼしも多く再発が多い。

●皮膚切除法
皮膚ごと汗腺を切り取る方法。確実に汗腺がとれるが傷が大きすぎ、腕が突っ張るなど運動にも問題が残る。

●YAGレーザー法(スマートリポ)
レーザーで汗腺を分解して汗腺を減らす方法。傷が小さく治りも早いが汗腺をしっかり除去できないため再発しやすい。

●医療レーザー脱毛
根本的な解決にはなりませんが、ワキ脱毛をすることでにおいの原因の一つに雑菌の繁殖があります。雑菌の苗床である毛がなくなれば繁殖が少なくなるので、ワキガの軽減措置になるといえるでしょう。

新宿中央クリニックでは、以下3つのワキガ・多汗症治療を行っております。
「ボトックス注射(ワキ汗・臭い)」詳細 >>
「切開剪除法(=切開法)」詳細 >>
「オリジナルシェービング法」詳細 >>

早見表

超音波・吸引法 シェーピング法 切開法 ボトックス注射
効果 3~4割 8割 8~9割 半年ほど
傷跡 0.1~1センチ 1~3センチ 3~4センチ なし
再発の可能性 あり なし なし
脱毛効果 ほとんどなし あり あり なし
治療時間 約20分 約40分 約60分 約5分
通院回数 1~2回 2回 2回 なし
カウンセリング日数

表のように超音波など簡単な治療では汗腺の取りこぼしなど多く高い満足が得られない場合があります。また再手術は難しい治療となり、技術の高い医師しか行えません。当院では、1度の治療で徹底根治をモットーに患者様に合わせた形でカウンセリングを行います。

料金一覧

施術内容 料金 モニター
募集
ボトックス(ワキ・手の平・足の裏) 1箇所(通常範囲) 50,000円 -
1箇所(広範囲) 70,000円 -
反応薬 1回 5,000円 -
切開法 350,000円

※すべて税抜き表示です。

ワキガ・多汗症の治療