人口乳房(インプラント挿入術)

生理食塩水・コヒーシプシリコン

本来の胸の形、体のバランス、ご要望を取り入れて作り出す一生物のバストです。インプラント(生理食塩水・シリコンジェル・コヒーシブシリコンバッグ)を入れます。 筋肉の下にバッグを入れる「大胸筋下法」と、乳腺の下に入れる「乳腺下法」とバッグを入れる位置が2通りあります。ご希望と状態に合わせて最適な方法、バッグの大きさをアドバイスいたしますのでご相談ください。

人工乳房(インプラント挿入術)とは?

生理食塩水
完全無菌処理を施した人間の血液と浸透圧の等しい濃度の生理食塩水となります。美容外科の分野だけでなく医療現場では頻繁に使用され、コンタクトレンズの液と同じなので、もし仮にバッグが破れても人体への影響のない豊胸術といえます。

コヒーシブシリコン(ユーロシリコン社)
特殊製法による継ぎ目のないシリコン製のバッグで、人工臓器など医療製品に使用されるシリコン製のごく薄いバッグに安全性の高いシリコンが寒天状に入っています。柔軟特性により感触、外観の仕上がりも良好です。

方法

大きく分けて、「大胸筋下法」と「乳腺下法」の2つとなります。

大胸筋下法
脇下を2~3センチ程切開し、大胸筋という膜の下にスペースをつくりバッグを挿入します。もともと痩せていて胸のない方に向いています。

乳腺下法乳
腺の下にバッグを挿入します。元々大きさはあったが授乳後に胸がしぼんでしまった方などに向いています。

※人工乳房インプラント挿入術後は、バッグが癒着して硬く固まらないよう(カプセル拘縮)にマッサージを行います。そのための来院が必要です。

治療の流れ

人工乳房インプラントが自分の胸になるまで…

料金一覧

施術内容 料金 モニター
募集
シリコンバッグ 800,000円

※すべて税抜き表示です。

豊胸・バストアップの治療