目頭切開法

目と目が離れて見える、目の上がくぼみ疲れて見える方に
目ヂカラをUPしたい方に

目頭切開法は若い方に特に人気がある手術です。目をパッチリと印象的にしたい方にぴったりです。日本人はもともと皮膚が目頭にかぶさっている蒙古ヒダがある目元の方が多く、そういう方は目の本来の幅が出ていないのです。それをしっかりと開いてあげることで自分の目の本来の大きさを取り戻すといったらよいでしょうか。 ただ、切開の仕方によっては傷が目立ってしまい、“いかにも切りました!”という風になってしまい、悩んでいる方も多いようです。そのようなことがないように、当院ではオリジナルでカット法を改良し、ご提供しています。また、バランスを第一に考えながら治療していきます。

理想的な目のバランス

「目は口ほどにものをいう」などとよく言いますが、目元はお顔の印象を決めるうえで重要なパーツです。ではバランスのよい目元というのはどういうものかといいますと、図のように目の幅、目と目の幅が全て同じくらいになるとバランスよくきれいにみえます。
この基本ベースを基に目と目が離れている方の改善や、平行型の二重まぶたに近づけたい方など目元の印象を変える治療「目頭切開 手術」をされるとよいでしょう。

目頭切開法とは?

日本人や東洋人に多く見られる蒙古(もうこ)ヒダは皮膚が目頭にかぶさって目を小さくさせて見せてしまいます。西洋人の目頭と比較してみると違いは歴然でしょう。 目頭切開治療はその蒙古(もうこ)ヒダを手術によって余分な部分を切除し目を大きくみせる手術です。明るく力のある目元になります。特に目が離れている方は目と目の幅のバランスも整うのでより整った顔立ちに見えます。 また、二重まぶた手術の施術と目頭切開法を組み合わせることにより、目頭の制約がある程度解放されるので平行型の二重ラインに近づけることもできます。

治療の流れ

1.かぶっている蒙古(もうこ)ヒダの幅、目と目の間の幅などバランスを細かく計測しデザインを決めます。
2.目頭を切開するヒダを切開します。戻りが少ないよう鼻側の軟骨に中で糸をかけ固定。
3.目頭のアーチに沿うような形に傷跡が来るように(張り出しが強い方はZ型、W型)
余分な皮膚を切除、縫合し終了です。

所要時間30分程度。5~7日後に抜糸に一度、通院ください。

特徴

  • 傷が目頭のふちに沿った形で目立たない
  • 痛みが少ないよう麻酔法を改良
  • 全体のバランスを考えた細かいデザイン
  • 忙しいOLさんにも便利!
  • 通院は5~7日後(抜糸)の1度のみ

プラスアルファで「理想のパッチリ大きな目」に!!

目頭切開法に、ナチュラルクイック埋没法や切開法などをプラスすると、さらに理想的で、パッチリ大きな目に仕上がります。 ナチュラルクイック埋没法 切開法

料金一覧

施術内容 料金 モニター
募集
目頭切開 200,000円
目尻切開 200,000円

※すべて税抜き表示です。

二重まぶた・目元の治療