しみ(そばかす・ゼボケラ)

お顔にたった1つあるだけでとても老けた印象に見えるシミ。せっかくのお肌の魅力を半減させてしまいます。ひとつにシミといっても、いろんな種類があります。様々な原因によってシミの形状や病名、治療法も異なりますので、専門の医師による正しい判断が必要です。中には、シミのように見えて実はアザの一種だったという例もあります。 シミの深さや濃度、お肌の状態を性格に判断し、1人ひとりのライフスタイルに合うベストな治療法をお勧めいたします。

原因

しみやそばかす、ゼボケラは様々な要因でできてしまいます。特に紫外線による割合が大きく、近年若い方でも環境破壊の影響からしみやそばかす、ゼボケラなどに悩まされる患者様が多いようです。 放っておいても消えることはなく、紫外線の蓄積や刺激によって大きくなったりしますので早めの治療をおすすめします。

油漏性角化症(ゼボケラ)
30代以降に顔面、頭部、体幹に多発する丘疹。シミと混在する場合が多く大きさは半米粒大などで色調も様々。表皮の加齢変化といわれています。

ゼボケラの治療法

  • CO2(炭酸ガス)レーザー(ほくろやイボなどの隆起性病変用レーザー)を用います。
  • 照射後は軟膏+保護テープ、遮光が必要です

種類と治療対応レーザー

種類 要因 適応
しみ(老人性色素斑) いわゆるしみ、紫外線によるしみ Qスイッチヤグレーザー >>
フォトフェイシャル >>
イーライト >>
高濃度ビタミン導入(イオン導入法) >>
アクシダーム >>
投薬 >>
そばかす(雀卵斑) 遺伝性、先天性、紫外線など 顔正中部~両ホホに特にできやすい Qスイッチヤグレーザー >>
フォトフェイシャル >>
イーライト >>
高濃度ビタミン導入(イオン導入法) >>
アクシダーム >>
投薬 >>
光線性花弁状色素斑 強い日焼けやナイロンタオル・ナイロンブラシ 使用によってできるしみ 肩~背中、胸部にできやすい Qスイッチヤグレーザー >>
フォトフェイシャル >>
イーライト >>
高濃度ビタミン導入(イオン導入法) >>
アクシダーム >>
投薬 >>
肝斑 ホルモンバランスのくずれ、紫外線など 目下~ホホ骨上に左右対称に広がるくすみ フォトフェイシャル >>
イーライト >>
高濃度ビタミン導入(イオン導入法) >>
アクシダーム >>
投薬 >>
炎症後の色素沈着 にきび跡、日焼け、火傷などの炎症後におこる フォトフェイシャル >>
イーライト >>
高濃度ビタミン導入(イオン導入法) >>
アクシダーム >>
投薬 >>
脂漏性角化症(ゼボケラ) しみが移行して膨らんだもの 顔、頭部、手の甲、体幹にできやすい CO2(炭酸ガス)レーザー >>
投薬 >>

フォトフェイシャル(IPL)について

フォトフェイシャルはメラニンの黒や赤い色に吸収され、改善する波長とコラーゲンを生産させる波長が出せるため一度にいくつかの効果が期待できます。レーザー治療と違いカサブタにならずテープを貼ったりする必要もないのでダウンタイムの少ない治療ですので、接客業や人前に出られることが多い方にはお勧めの治療です。

ペース:3~4週間に1回(5回以上を目安としてください)
施術時間:20分ほど

レーザー治療の特徴・しくみ

レーザー治療はレーザー光線を異常な色素細胞に照射すると、正常な皮膚には吸収されず標的となる色素細胞のみ吸収され、熱エネルギーに変換→細かい粒子に分解→排出します。分解された異常色素細胞のうち浅いところにある色素細胞はカサブタとなり、深い部分にあった異常色素細胞はマクロファージという皮膚の貧食細胞に取り込まれ、血管やリンパ管に吸収され汗や尿として体外に運び出されていくのです。そして異常色素細胞が消滅すると周囲細胞とほぼ変わりない正常な皮膚が再生します。
レーザー治療の特徴は周囲の皮膚を傷つけることなく、傷跡も残すことなく心配なく消すことが可能です。また、痛みもほとんどないので体に負担をかけずに短時間で終わるのが特徴です。

しみ(そばかす・ゼボケラ)への主要レーザー機器

Qスイッチヤグレーザー
シミやソバカスなどメラニンを含む組織だけに吸収され、それらを熱エネルギーに変換し分解します。組織への透過性がよく、深部にある色素にも有効にエネルギーが吸収されます。様々なシミ、そばかす、光線花弁状色素斑、太田母斑(青あざ)、刺青にも有効です。

治療の流れ

1.患部をレーザー照射します。(直後白く浮いた後、治療部位が花褐色になります)
2.軟膏+肌色のテープによる保護をしてご帰宅となります。(当日より洗顔、化粧はテープの上から可能です)
3.照射部位がカサブタになり5~10日ほどで自然にカサブタが脱落します。(この頃よりテープ保護は不要となります)
4.カサブタ脱落後、薄い皮膚(ピンク色の状態)が出来る。(この期間は遮光が絶対です。患部には日焼け止めクリーム等してください。この期間にしっかりとケアをしないと一時的に色素沈着がでる「二次性色素沈着」がでる確率が高くなります)
5.ピンク色の皮膚が上皮化し周囲の皮膚となじみます。

ケアのポイント

  • 治療後の炎症を抑え、洗顔で強くこすったり衣類による摩擦などの過剰な刺激を出来るだけ与えないこと。
  • メラニンの過剰生成を防ぐこと
  • UVクリーム、UV化粧品などで紫外線をしっかりカットする。

来院前のお客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

シミ、そばかすが増えるのが嫌で日中外に出にくい

一度出来てしまったシミやそばかすはもうなくならない・・・そんな事を聞いてから日中の外出が怖くなりました。シミやそばかすは顔の印象を大きく左右するし、一気に老け顔に見えるので、日焼け止めや美白美容液などを付けて毎日必死にお手入れしています。紫外線にあたるのが嫌で、買い物や用事をするのは朝早くか夕方にしています。夏場の紫外線も強いですが、秋や冬も日中は紫外線があり蓄積されることによりシミやそばかすになるとも聞きました。外出するときは日焼け止めはもちろんですが、日傘、手袋も着用するので少し面倒くさいです。今あるシミやそばかすも、何とかなくしたいのですが美容外科に行く勇気もなく結局は放置したままです。

料金一覧

施術内容 料金 モニター
募集
しみ 縦+横1mm 2,000円 -

※すべて税抜き表示です。

レーザー治療の治療