ワキガなら新宿中央クリニックトップ > ワキガのメカニズム

ワキガのメカニズム

ワキガとは、脇の下に多く存在するアポクリン汗腺から分泌される汗に含まれる脂肪酸などが、皮膚の表面上にいる細菌により変性したため、臭いの原因となった状態のことをいいます。

エクリン汗腺

エクリン汗腺からの汗は臭いがほとんどありません。しかし、エクリン汗腺はほぼ全身にあり、ワキガ・多汗症の原因にもなります。エクリン汗腺は特に腋の下や手足のひらに多くあります。分泌される汗の成分は99%近くが水分。後は塩分・乳酸・カルシウムなどです。エクリン汗腺からの発汗でワキが湿った状態となり細菌が繁殖します。

アポクリン汗腺

臭いの元となる分泌腺がアポクリン汗腺です。
エクリン汗腺からの発汗の影響で細菌が繁殖すると、アポクリン汗腺から分泌される「脂肪酸」などの有機物が細菌を分解して臭いの元を作り出します。
アポクリン汗腺は、ワキの下、乳輪、陰部等決まった箇所のみにしかありません。

皮脂腺

皮脂腺から分泌される油分が細菌と混ざりワキガの臭いを強めることもあります。皮脂腺の分泌物には皮膚の保湿・殺菌作用があります。しかし臭いの原因にもなっています。

シェービング法

シェービング法

日本美容外科学会のシンポジウムでもその効果の高さで注目をあびた、中央クリニック独自の最新ワキガ・多汗症治療法です。名実ともに最も優れた治療法と言っても過言ではありません。

シェービング法詳細へ

切開法

切開法

ワキ毛の生えている範囲の広い方、ワキガ臭・多汗症の症状が非常に強い方におすすめです。ワキの下の毛の生えている部分に5ミリほどの傷が残るだけで、入院は不要、術後の通院も不要。

切開法詳細へ

ボトックス注射

ボトックス注射

注射でワキ、手の平の裏のうらの汗をグッと抑えます。注射なので傷跡の心配もなくとてもお手軽です。手術に抵抗がある方は「ボトックス注入」 による治療。手掌、足の多汗症にも有効です

ボトックス注射詳細へ